引っ越してからお世話になっている神社(2)

2018年12月31日

子どもたちが実家で遊んでいる隙を狙って

年末年始だし、少しでも素敵にしてあげたい💛
と思って…

御榊と、富士山デザインの小さな花瓶をもって
尾久浅間神社にご挨拶に行ってきました。


NATURAL KITCHENで購入、画像もお借りしました。

あっ、なぜ富士山かというと

「浅間神社」と名が付く神社は
富士山に対する信仰(富士信仰/浅間信仰)からだし

 

尾久浅間神社は「富士塚」のような作りなので
かなり、富士山愛を感じていました。
※富士塚=富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚である。

 

大晦日の16時過ぎ、尾久浅間神社に着くと
神社の前の駐車場でおじさまが洗車をされていました。

会釈して、神社に上っていくと
「君が、そのお酒を置いてくれた人?」と声をかけられました。
(1回目の訪問の際、お酒をお持ちしてました)

 

大晦日の出会い

 

その時、声をかけてくれたYさんは
現在、神社前にお住いになっている方でした。
見聞が広いダンディーなおじ様です。)

Yさんに、

・ここはもともと「小泉園」という料亭だったこと

・伏見稲荷、王子稲荷、あとどこかのお稲荷さん3社から神様をお借りしていた
お稲荷さんだったこと。
(→「なぜ、「〇〇稲荷」ではなく「尾久浅間神社」という名前になったのか疑問がわいてきた。)

・20年ぐらい前に、お稲荷さんにはお帰り頂いた
その日は雨は降っていなかったのに、このお稲荷さんの周りは
地面も周りの背の高い木々も濡れていて「お狐様の涙だ」と言われた

などなど…お聞きしました。

 

そして、びっくりしたことがもう一つあって

Yさん、息子さんが27歳の頃にお亡くなりになられたそうなんですが
その息子さんと、私の息子が同じ誕生日で…

不思議な巡り合わせを感じました。

 

 

土地のエネルギーと思い出を知る

 

『願いを叶えるチャンスを 年末年始に仕込む』

 

自分のブログでも書いた通り、
思ってたのとは少し違う方向から、
年末年始に自分の生まれ育った「土地」のルーツを探す旅が始まりました。

まずは、尾久浅間神社がある場所は元々「小泉園」という
旅館(料亭)だったと聞いたので、そこから調べ始めました。

 

私の生まれ育った「荒川区西尾久~東尾久」のあたりは
大正から昭和にかけて温泉リゾート地だったそうです。

 

ぶっ、初めて知ったわ(笑)

 

そして、温泉だけでは物足りないと
「三業」→料理屋(旅館)・芸妓屋・待合の三業種が集まる街になったそうです。

小泉園は料亭付きの温泉宿で、とても有名だったようです。
(検索すると、代表的な宿としてよく名前が挙がっていました)
 
 

ちなみに…

【阿部定事件】は私の地元で起こった事件です。

仲居であった阿部定が1936年(昭和11年)5月18日に
東京市荒川区尾久の待合で、性交中に愛人の男性を扼殺し、局部を切り取った事件。
事件の猟奇性ゆえに、事件発覚後及び阿部定逮捕(同年5月20日)後に
号外が出されるなど、当時の庶民の興味を強く惹いた事件である。
(Wikipediaより)
 
 
この事件自体は知ってたのに、温泉リゾート地だったのは知らなかった…(;’∀’)
調べてみると、意外と知らない事も多くって、
年末年始は、インターネットで色々と調べていました。
 
 
ただ、細かい事は全然インターネットでは調べきれなかったので
年明け、「荒川ふるさと文化館」と図書館に行ってみました。

 

なぜかというと、大晦日の日に見た夢が
とても意味深な物だったからです。

 

つづく…

 

★愛され四柱推命 鑑定師養成講座のご案内★

私と楽しく「四柱推命」学んでみませんか?

私独自の星を感じる方法などもお話していきます!
詳しくはコチラをご覧ください。

(初級)(中級)(上級)全てリクエスト開催可能です!

※東京近郊で平日開催であれば、お客様のご希望日に合わせることも可能です。
※ZOOMでの開催も可能ですので、
子育て中の方、遠方の方、海外在住の方も受講可能です!!


ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

         

 

 

 

 

関連記事

  1. 深大寺とゲゲゲの鬼太郎

  2. 禊の地~二見浦&二見興玉神社~

  3. 高千穂の秋元神社「勾玉の光」を感じて

  4. 鞍馬よかったなぁ♡

  5. 「神様」という存在の意味

  6. 【出雲大社:神在祭】縁結大祭に参列してきました♪