「プラド美術館展」を見てきました

国立西洋美術館で開催中の「プラド美術館展」を見てきました

スペインの画家、ベラスケスを中心とした
展示なのですが…

重厚

重厚だった!!!!

展示構成も非常に良くて
見ごたえがありました。

でも、国立西洋美術館は何といっても常設展
大好きな作品が、今日もいくつか出ていました。
(国立西洋美術館の常設展は写真撮影可能です)


「音楽」ウイリアム・アドルフ・ブーグロー

これは、2015年に所蔵された「音楽」という作品なのですが
すごく好き
無表情の食神軍団って感じ(笑)

2014、2015年と年子で子どもを産んでから
大好きな美術館やギャラリーめぐりが出来なくなっていたから
こんな素敵な作品が仲間入りしていたとは知らなかった。

 

大好きなモーリス・ドニの作品。
彼の作品って、いつも「ほんわか~」していて
見ていて優しい気持ちになれる。

 

家に飾りたいのは、ピカソとかミロ、カンディンスキーとかの
音を感じる絵画なんだけど。
こういう作品をばばばーーーーーんと飾れる家に住むのが目標!

 


ほれ、素敵♥ ときめく♥♥

 

公園では、鳩がいちゃついてた(笑)
(毛づくろいしてただけだけど)

 

   

 

 

 

 

関連記事

  1. いつかくる「その日」に備える

  2. 2024年の運気「真実への生長点」

  3. 酉の市と人生の楽しみ方

  4. 癸亥の運気(2018年11月7日~12月6日)