羽生結弦選手金メダルおめでとう!命式を読んでみる(1)

羽生結弦選手 金メダル おめでとう!!!

JAMIE SQUIRE VIA GETTY IMAGES  Photo by Jamie Squire/Getty Images

最近EテレとアンパンマンのDVDしか見てない私がTV見てたよ(笑)
ということで、そっこー命式をチェックしました。

羽生選手は丁度「節入り」の日に生まれているので
正確な命式を出すためには出生時刻が必要なんですよね~

 

でるパターンとしては下の2パターン

(1)

(2)

出生時刻を知るすべもないので、
命式の印象的になってしまいますが
個人的にはパターン(1)の方の命式かなー?と…。
なので、ここでは(1)パターンのバージョンで読んでいきたいと思います。

 

 

本質を表す部分は「丁~ひのと~」
自然界のエレメントで「月」を表します。
・心が温かく親切で控えめ
・穏やかさの中に驚くような激しさを秘めている
・洞察力に優れ頭が良い
・スピリチュアリティが高く神秘的 など

 

フィギュア選手ってイマジネーション、アーティストの星
「病」を持っている人が多いんだけど
羽生選手の場合は、その上に新しいものを生み出す「偏印」がついているから
「偏印x病」で、今までにない新しい世界観を作り出せる人

それに偏印は「海外」に縁があるから、試合で世界中を飛び回るのも分かるし
「臨機応変」っていう意味もあるから、
プログラム中でミスをしたときとか、立て直す能力とかで活かしてそうだよね。

 

それに天才アーティスト、アスリートの星である「絶」
その上に競争心の「偏官」と自分の強さと存在感を認められたい「劫財」

過集中で練習量とか本当にすごそうだし、
なにか気づきがあると、すぐに試してみたい!
と行動に起こして、どんどんモノにしていきそう。

羽生選手の競争心って、他の選手に対してもあるだろうけど
何よりも「自分との闘い」というのに、すごく意識を向けている感じがするよね。

「昨日よりも今日、今日よりも明日
自分で自分を裏切らない事」的な…

将来はコーチになっても才能を発揮しそうな気がする。

 


年柱の「養」や「偏財」も印象的だよね。

羽生選手は仙台の出身で
東日本大震災で被災経験をした一人

羽生選手の顔を見ると、
震災から6年経った今でも
「復興への思い」とか「東北への愛」を感じる
日本全体よりも、もっと「東北」という地域への愛と思いやり。

羽生選手の偏財は心から
「みんなに喜んでほしい」って思ってて
その素直さや純粋なところが
愛され「養」を更に強くし、魅力の一つになっているんだろうね。

 

命式の右半分も印象的だったので続く…

関連記事

  1. 羽生結弦選手金メダルおめでとう!命式を読んでみる(2)

  2. わくわくは枠を超える♡

  3. 鑑定師としてデビューして1年…

  4. 新年号「令和」のスタートを四柱推命的に読み解いてみました☆彡…

  5. 沖縄旅行1日目:花火からのメッセージ

  6. 鑑定師や講師のレベル問題について