18万人超え 7年連続で増加中「不登校」を考える

* * * * * * * *

四柱推命鑑定師の香月六花です。

こちらのブログは、愛され四柱推命メルマガにて
配信させていただいた内容を転記しております。
(※一部編集、加筆在り)

* * * * * * * *

先日、久しぶりに心から嬉しいニュースを読みまして
皆さんにシェアしたいと思いました (^O^)/

 

『岐阜市に「不登校児専門公立中」開校』
https://forbesjapan.com/articles/detail/40608

岐阜市に自治体主導としては初の公立不登校特例校
「草潤中学校」が開校する事が決まった。というニュースです。

(岐阜素晴らしい!!隣の滋賀県草津市もフリースクール助成金とか頑張ってるよ!!)

 

これ、不登校の子ども達、その親御さん
自身が不登校の経験がある方、教育の多様性を求める方々など

とにかく…この新たな一歩に可能性を見たのではないでしょうか?

 

 

2020年の文部科学省による調査を見ると、
小・中学校の不登校者は18万人を超え、7年連続で増加中。
参考ページ:https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1302902.htm

 

そして、この数字はあくまで
「学校に行かない」というアクションを取れている子どもの数であって、

親や先生に言われ、また世間からの「学校は行って当たり前」という圧を感じ
苦しくても学校に踏ん張って行っている子どもたちは

この人数にカウントされていないんだよね…。

だから、心の不登校を入れたら、もっと とんでもない数になると思う。

 

四柱推命では、不登校になりやすい星と言うのがいくつかあって

 

「辛」や「傷官」はその繊細さや本質を見抜く力から
先生や友人関係でのバランスを崩してしまう事がある。
(合わせてHSCの質を持っている子ならなおさら)

 

「偏印」「生日中殺」「絶」は自由さの欠乏、退屈、規則、
先生や友達と話しが合わないなどから学校に興味を無くすパターンが多め。

もしかして、自分にもある?と思った方は
セルフ鑑定サイトも覗いてみてくださいね。
http://aisare-fourpillars.info/

 

上記の星に関しては
不登校になった際の「逆算的な視点」であるので、

この星があるから学校に行かなくなるかも?なんて考えなくて大丈夫だし、

 

不登校はどんな子にだって、あり得る問題

 

だからこそ「不登校ってなんでおこるの?」ともし質問されたら…
何て答えるか、是非一度考えてみて欲しい。

 

「イジメ問題」「先生との相性が悪い」「親の育て方に問題あり」
なんて意見が一般論では王道3パターンだけど、

問題の本質は、ホントにそこなのかな?

 

 

最近、問題の本質の「一面」が
私たち一般人にも、直で届き始めるきっかけが起った。

それは、3月末から文部科学省がTwitterを使い始めた
「#教師のバトン」というプロジェクト。

 

これはベテラン教師から若い教師や教師を目指す学生に伝えたい
教職の魅力をつぶやいてもらう、という取り組みなのだが…

 

少なからず子どもを持つ、学校にお世話になっている人は読んだ方がいい。
子ども達と毎日向き合ってくれている、先生方のリアルな叫びが聞こえてくる。

 

無賃残業、過労死ライン超過が小学校で3割、中学校で6割という過酷な勤務状況
部活動で土日も出勤、子どもがいる先生の時間短勤務も難しく、
昨今は消毒作業まで加わる

プログラミングに英語、キャリアパスポート、SDGs、ICT教育の体制強化
専門外で自身にさえ知識がない(浅い)分野の新しい仕事は増え続ける一方なのに、

改善の余地がある古い仕事は変わらずに減らないまま…

 

もっと勉強しろ、
努力しろ、
我慢しろ、
奉仕しろ

 

今の学校のシステムは子ども達の成長や教育を大切に思う、
先生方の気持ちにたかる、やりがい搾取が半端ない… ( ´∵`)

 

 

こんな自分自身が休んだり、家族とさえ ゆっくりと向き合う余裕がない中
個性も家庭環境も異なる子ども達、一人ひとりに向き合うのって、
かなりしんどいと思う…。

 

もちろん全ての学校がこのような状況ではないと思うけど、
不登校の多さや、増加傾向を見ると、

学校教育の制度疲労と時代遅れ感
否めないよなぁ~と私は思っています。

 

 

日本の、世界の未来を担っていく、
子ども達を育てる教育現場が、

本当にこのままでいいのか…?

 

この4月に小学校に入学した息子を前に
毎日、そんなことを考えていて
この春は、ずーっと鬱々としていた私です(´;ω;`)

 

子ども達は、6歳、12歳、16歳で完成するわけでない。

大人と言われる私たちだって、
歳を重ねたからって完成するわけではない。

いつまでも、学び続ける必要がある。

 

だからこそ、多様な教育が、年齢を超越していく現場が
これからの時代、もっともっと必要になっていくと感じていますし

 

私たち1人ひとりが考え、学び続けることを放棄せず
世の中を観察し続け
何ができるか見つけていけたらいいなって

 

心から思います。

 

 

最後に、全国で頑張ってくれている
保育士さん、教職員、学校関係者の皆さま

本当に、ありがとうございます(*^^*)

先生方の思いや日々の努力に、一人の親として心からの感謝を!!!

 

 

★ご案内★

香月六花の四柱推命鑑定のご案内は
個人鑑定ペア、家族鑑定 から詳細をご確認ください♡

そして、もっともっと四柱推命を知りたくなった方
お仕事として四柱推命鑑定師になりたい方は
私と楽しく「愛され四柱推命」を学んでみませんか?

私独自の星を感じる方法などもお話していきます!
詳しくはコチラをご覧ください。

現在は、初級・中級・上級すべてリクエストにて講座開催しております。
マンツーマン、ZOOMでの受講も大歓迎です(*^▽^*)


ヒプノセラピー(催眠)を使って、潜在意識の世界に入り
私と一緒に過去生のあなたに会いに行きましょう♡

 

 

 

関連記事

  1. 2018年のイメージ「イチョウの木」が教えてくれた事

  2. 11月の運気~自分の人生のハンドルを握る~

  3. 天中殺は怖さの向こう側へ行く時

  4. 魁罡は魁罡の人が好き?を研究中

  5. アースネイティブ世代の私たちへ

  6. 子どもの「正財」と「食神」を活かす♥