移住しました(2)

こんにちは、ことほぎ四柱推命の香月です☆

前回の続きです

移住しました (1)

 

四柱推命の生徒さんの紹介で出会った方が
とっても素敵で、彼女が住んでいる地域の事や
近場のおススメの地域なども教えてもらいました。

さぁ、ほかの県も見て回るか…?
教えてもらった地域を掘り下げていくか…?
少し考えましたが…
 

まずは「希望を満たす家が見つかるか」が一番大事だと思い、

おススメしてもらった地域の、空き家バンクを
片っ端からチェックし内見に行くことに。

 

その際に、大変参考にさせてもらったのが
ひで@建築士による田舎暮らし情報局さんのコチラの記事です↓

築古の物件などを考えている方の参考になると思います。


https://note.com/inaka_no_takumi/n/n076cd583358d

 

去年の10月に行った2度目の長野県は
1泊2日の予定で、
1日目→3件
2日目→5件内見する予定だったのですが

内見日の2日前の夜中に何気なく検索したat home(不動産サイト)に
1日前に上がったばかりの物件があり、
それがとても気になって、すぐに内見の希望を出しました。

 

結果、私たちが今住んでいるのは
不動産サイトに掲載されてすぐに見つけた物件です。

そして、この物件に行ってみたら
私が1回目の長野で「とても美しい」と感じた地域のすぐ側でした。

奇跡か!!!!!!

 

こうして、家は思いの外あっさりと出会うことが出来

家の契約→リフォーム
→雪が2~3m降るところなので雪解けを待って4月に移住

と、あっという間の事でした。

 

この流れを人に話すと、
「すごい、良い流れだね~」と言ってくれる方と
「もっと他を見て決めなくてよかったの?」と言う方がいます。

私、移住をリアルに考え始めてから
結局、長野県の4地域しか見てないからなww

 

確かに、他を見て回ったら
もっと比べて選ぶことが出来たかもしれないけど…
(吉野と会津はどうも心に残るから、いつかご縁があれば)

 

私、ここ数年でめっちゃ実感してるんだけど
「大きな決断ほど直感が大事」だし

ただ考え、迷う事に時間を奪われることになる
「選択肢」もあるんだよね。

現代人の生きづらさって、この選択肢の多さも関係してるよね。
 
だからあえて、自分から選択肢を取りにいかないことにした。
 
 
 

私が移住したかった理由

 
私、ここ数年で急激に
「スピリチュアル業界」に興味を失ってね

同じことをワードを変えて話し
幸せの定義を広げているようで狭めている
縛り上げ系スピリチュアル話が聞いていられなくなった。

私も同じようなことしてるかも、と考えて
身動きが取れなくなったりもしたけど

今はずいぶん図太くなって、
エンタメの一種としてとらえてくれ!って思ってるww

で、その頃気づいたのが

人間同士は楽しくおしゃべりしたり、出かけたりできる
「友達」にはなれるけど、
「生きる」という本質的な熱は自然という師しか教えてくれない。

って事だった。
 
 
だから私は、「生きてる土」と「生きてる水」が
まだ残る場所で、自分を子ども達を育んでみたいと思い移住することにした。
 
 
ここには、次元上昇とか、目覚めなどと話す人はいないけど
 
雪深いこの地で生きるという覚悟を持ち
自然や四季に感謝し向き合っている、ナチュラルスピリチュアルな人が沢山いる。
 
 

移住して、まだ3ヶ月
この選択が「正しかった」かなんて、まだ分からないけど

全てが「正しく」なければいけないことなんて無いから
これからも、日々淡々と前向きに

新しい場所で、生きていきたいと思う。
 
 
それに伴い、鑑定や講座のやり方なども変えていく予定です。
夏休みが終わる頃にはリニューアル出来ればいいな♡
(予定で未定)

香月六花

 

関連記事

  1. 持って生まれた星のせいにしないで生きる

  2. 雨の日の落とし物

  3. 華愛さんのビジネススクール卒業 そして覇王線現る!

  4. 「誰と生きていくか」6月講師ミーティング

  5. 「蛹から蝶へ」2020年庚子の運気

  6. 2018年の運気にノッテか、出来なくなった事