【傷官】そぎ落とす事こそ本当のセンス

さっき、あの子に
「このタッチだと、絵が死にますよ」って言われたんだけど。
「うわーっ、キツイね」

はーっ。
またグチグチと自分の話がされてるよ。

わざわざご丁寧に、聞こえるところで話すところが
レベルの低さを、よりアピールしてるって
自分たちで分からないとこがすごいよな。

だって、あんなに汚い筆の置き方したら
ルドンが泣くよ。

彼の作り上げた、
幻想的な霧のような、月明りのような空気感と
緻密な色の明暗が狂うじゃない。

彼の作品のエネルギーを汚さないように
自分のものに塗り替えてしまわないように
私は毎時、毎秒 1mm単位で常に真剣なんですよ。

それができないなら、絵画修復士なんてやめて
自由に絵が描ける仕事に就くなり、
趣味でやめとけばいいんだよ。

さーて、色の調合しよう
時空を超えた最高のロマンを思う存分堪能するぞ。

 

そぎ落としの美学


数年前に話題になった
この、村のお祖母ちゃんが修復したキリスト画のニュース覚えてますか?

私、傷官の特徴とか説明を受けていた時に
「あー、あの絵の修復した人が、たとえ修復のプロ出なかったとしても
傷官の星をもっていれば、もっとまともなものになっただろうに…」

と思ったんですよね~(笑)

わたし…
傷官に憧れがあります

何というか、傷官は
ありとあらゆる面での「美」を象徴する星
と感じるから。(美形が多いぞ)

冠帯も綺麗なもの、美しいものが好き
という特徴がありますが

冠帯はワクワクできるエネルギーとか
ギラギラ、キラキラした華やかな美しさ
みたいなものに惹かれやすいイメージが個人的にはあるのですが

傷官の人は、もっと何というか

圧倒するような美
そぎ落とされた美

みたいなものに着目する方が多い気がしています。

傷官の方は、本質をズバッと射貫く鋭さがありますが
それも、そぎ落としの美学から
きてるんでないかなーと思うのです。

人は、総じて盛り込むのは比較的容易にできますが
そぎ落とすのは苦手
なぜって…

そぎ落とす事こそ、
本当のセンスが必要だから。

だからこそ、どんな分野においても
傷官の能力って高く評価される気がしています。

語尾に「ハートパワー」を忍ばせて

傷官の人が一つだけ意識すると良い事は
ズバって相手に言いたいことがあるときは
「ばーか」
ではなく
「ばーか

「そんなことやっても、意味ないよ」
ではなく
「そんなことやっても、意味ないから…こうやって

と全部、語尾に「」ハートパワー付ければいいよ。
そして、さりげなく的確な指示だし。

ハッキリ言って、めんどくさいだろうけど
人間関係は少し円滑になると思うよ。

 

傷官のみなさーん
世界がもっとよりよくなるために、
物事の本質をどんどん伝えていってくださいね!!!

 

【傷官】を活かすメモリーオイル


◆クリチティビティ:新しいアイディアを生み出す、創造力
◆ザ・ウェイ:自分の進むべき道に向かて、真っすぐ進む
◆ビューティー:内面から輝くような魅力を引き出す
◆ヒーリングハート:過去の傷ついた記憶を手放す

傷官さんには、自分の進むべき道を
自分の魅力で切り開いていってほしい!

 

 

   

関連記事

  1. 天中殺は怖さの向こう側へ行く時

  2. 【印綬&帝旺】を考察してみる

  3. 【帝旺】自分に着目することが人も幸せにする

  4. 「いいかげん」の子育て

  5. 特別干支に関しての考察(2)

  6. 『各県一人以上の鑑定師を育てたい!』