星の品位を考える(劫財帝旺、比肩建禄)

こんにちは、四柱推命鑑定師の香月六花です。

最近、鑑定のお申込みが続いていて
みなさん、悩んだり変化を感じている時期なんだなぁ~

と、思う毎日です(*^^*)

 

さて、今日のテーマは四柱推命界隈(もっぱら鳥海式でですが)で
よく話題になる

 

劫財 帝旺
比肩 建禄
の、持っているとビジネスの世界で成功しやすいよ。

と言われる、この2つの組合せの星の話をしたいと思います。


※このように、劫財+帝旺、比肩+建禄が縦に続いて並んでいるケースの話になります。

 

 

 

劫財帝旺 比肩建禄

 

劫財帝旺は、
TOP of TOP、1億円プレイヤー、偉大な経営者の素質を持つ
負けず嫌い、などの意味を持つ、星の組合せです。

比肩建禄
超絶努力家の星、どんな分野でも成果を出す、
エリート傾向、自他ともに厳しい、などの意味を持つ星の組合せです。

 

で、命式の中にあると良い星の組合せなので、
多くの鑑定師が、この星の素晴らしさを語ると思うんです。

私も、鑑定を始めた頃はそうでした。

 

ただ…劫財帝旺、比肩建禄を持つ多くの人の命式を見たり
現状の話を聞いたりしていく中で

逆に、こういう大成しそうな星を持ってる事を
プレッシャーに感じたり、
今の自分とのギャップに悩み始めてしまったり

する方も、いらっしゃるようで

「持って生まれたとしても、万人が使いこなせる星ではないのか・・・(‘ω’)」と
思ったりしたこともあったのですが、

この星の意味を知ることで、スイッチが入る人の方が多いので
まぁ、言い方あれですけど

定例のポジティブな説明を長い事続けてきました。

 

でね、本題はいるけど…

 

ある日ね、命式を見てて

「あれ、これって星を活かせてないんじゃなくて
もう十分に活かせてて、今のこの状態なんじゃないか?」って

不意に思ったんですよ。

(星の意味的には、「もっといけるだろー!」って感じだけど
この人にとっては、ここが頂点!みたいなことです。)

 

 

その事を感じていたら、
星には品位があるって事を思い出しました。

 

「品位」はインド占星術のジョーティシュで用いられている考え方なんですが、

最高星位・高揚(Exaltation)→最高の状態、星を使ってると高揚するぜ!!
ムーラトリコーナ(Moola trikona)→ふわああぁっ、パワフルに使えるぜ!
定座(Own House)→むふふ、自然と使えとる
友好(Friend)→頑張って使おうと思えるよ
中立(Neutral)→時と場合によるなぁ~
敵対(Enemy)→星を使うの苦手だな…
最低星位・減衰(Debilitation)→星を使うの不安だよ、やりたくねー

※ →の先のコメントは、私の感覚的なモノです。

 

みたいに、その星のパワーを楽に使える人もいれば
使うのに気合いがいる人もいる。という事で

「劫財帝旺」「比肩建禄」という星を持っていて
字ずらは同じだったとしても、
「星の品位(状態)」は人それぞれ違うんですよね。

 

で、劫財帝旺を例に
この感覚を別の言葉にしてみると

 

あなたの持っている、劫財帝旺は

自信に溢れた横綱級なのか
伸び伸びやれている大関なのか
あと一歩もう一歩な関脇なのか
力の発揮が不安定な小結なのか
ふーっと深呼吸の前頭なのか…

そういう「レベル感」を自分自身が
冷静に判断する事って凄い大事だなぁ~って思ったんです。

自分の心地よさや、しっくり感を
自分自身が理解する事って凄い大事でしょ。

 

劫財帝旺や比肩建禄の人が

みんなが皆、社会的に経済的に「すごい、スペシャル」を目指さなくても良くて
家族の中でのTOP、スーパーやり手でも十分な充実感を味わえる
劫財帝旺や比肩建禄の人もいて良いし

劫財帝旺や比肩建禄を星を持っているからって
他人の持つ「素晴らしい」の価値に合わせなくちゃいけないわけではないから。

劫財帝旺や比肩建禄の説明を聞いて、

焦ったり、疲れたり、今の自分に自信が持てなくなる人は
一回、落ち着いたほうが良い。

なんか、妙にノセられて興奮してる人も
一回、落ち着いたほうが良い。
 

踊るのと、踊らされるのは違う。
 

まずは、自分を見て
今、自分の星の品位がどれぐらいのもんなのかを冷静に判断するんだ。

そして、それから
「もう十分」と思っているか「もっとやってやる!」と思っているのかを
自分自身に確認してみればいい。

 

今は十分と思っているなら、
焦らず、今を大切にすればいいし

今すぐもっと!と思うならば
どうしたら、そのもっとを叶えられるのかを考えて行動すればいい

星が動くときは、
人それぞれ違うから、他の人に合わせなくていいし、

足るを知ることも、大切な事なんだよ。

って思う。

 

今回は、劫財帝旺、比肩建禄の星を例に出したけど
全ての星に、この品位みたいなのがあると思う。

けど、エネルギー数値の高い身強(帝旺、建禄、冠帯)の星は
星の中でも、品位の細分化が色濃く出る気がするなぁ、と思いました。

そして、だからこそ努力や意志で品位を上げていく事も出来る気がする。
まぁ、その話はまた今度!

 

星を見る、一つのヒントになれば幸いです☆彡

 

 

★ご案内★

香月六花の四柱推命鑑定のご案内は
個人鑑定ペア、家族鑑定 から詳細をご確認ください♡

そして、もっともっと四柱推命を知りたくなった方
お仕事として四柱推命鑑定師になりたい方は
私と楽しく「愛され四柱推命」を学んでみませんか?

私独自の星を感じる方法などもお話していきます!
詳しくはコチラをご覧ください。

現在は、初級・中級・上級すべてリクエストにて講座開催しております。
マンツーマン、ZOOMでの受講も大歓迎です(*^▽^*)


ヒプノセラピー(催眠)を使って、潜在意識の世界に入り
私と一緒に過去生のあなたに会いに行きましょう♡

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 子どもたちのお年玉

  2. ☆十干ごとの今年のテーマ、今年のう・ち・に ☆

  3. 目醒めて生きるための【断固たる決意】

  4. 【偏官】いつか肉体が消失したとしても、 まっすぐに生きた心は…

  5. 星と「旅」

  6. 出雲セルフ鑑定マスターセミナー開催しました♪